トップ > 記事
特集一覧

2024

vol179地球と人に優しい暮らし 20240530
vol178脱炭素経営に導く 2024/4/30
vol177とっとりエコ検定 2024/3/31
vol176脱炭素地域先行モデルに 2024/2/28
vol1752050年脱炭素社会実現へ 宣言自治体の取り組み紹介 2024/1/25

2023

vol174学校の取り組み紹介 2023/12/25
vol173とっとりエコ検定 2023/11/28
vol172脱炭素へ 見直される薪の価値森林資源の有効活用 2023/10/30
vol171高断熱、省エネで快適住まい 2023/9/29
vol170脱炭素社会 環境対応車の普及・拡大へ 2023/8/27
vol169とっとりエコ検定 2023/7/26
vol168異常気象に備える 2023/6/25
vol167再エネの主力電源化に向けて 2023/5/28
vol166地域の環境保全 身近にできること 2023/4/26
vol165とっとりエコ検定 2023/3/29
vol164「食品ロス」削減推進 2023/2/25
vol163学校の取り組み紹介 2023/1/27

2022

vol162海洋ごみ 実態把握 2022/12/26
vol161とっとりエコ検定 2022/11/28
vol160進む「食品ロス削減」対策 2022/10/25
vol159エコとファッションの両立 2022/9/28
vol158子どもに住まいの教育を 2022/8/29
vol157とっとりエコ検定 2022/7/29
vol156環境に優しい車社会 2022/6/28
vol155森林や里山の保全、活用 2022/5/28
vol154再エネ普及へ活発化 2022/4/26
vol153とっとりエコ検定 2022/3/27
vol152エコツーリズムの推進 自然観光資源を生かす 2022/2/25
vol151脱炭素社会の実現へ カーボンニュートラルに挑む自治体 2022/1/31

2021

vol150省エネ住宅で快適な暮らし 2021/12/27
vol149暮らしで未来を変える〜エシカル消費のススメ〜 2021/10/26
vol148環境に優しい車の普及へ 2021/9/26
vol147環境配慮型ビジネスへ 2021/8/26
vol146人と環境に優しい農業 2021/6/30
vol145環境に優しい再エネの活用 2021/5/28
vol144循環型社会(4R)の実現へ 2021/4/30
vol143食品ロスをなくそう! 2021/2/25
vol142SDGsの推進 2021/1/31

2020

vol141多様な生態系を守る 2020/12/28
vol140快適な暮らしを実現 2020/10/28
vol139豊かな世界へSDGs実践 2020/9/28
vol138目指すべき未来 Society5.0の社会実現に向けて 2020/8/29
vol137環境守る森林、林業 2020/6/29
vol136自治体が挑む環境問題 2020/5/29
vol135持続可能な社会へ力添え 2020/4/30
vol134電動車で代替エネルギー活用 2020/2/27
vol133エコに通じる食、健康 2020/1/31

2019

vol132ごみの減量化に向けて 2019/12/26
vol131景観守り、地域活性化 2019/10/29
vol130環境ビジネス最前線 先駆的な再エネ活用 2019/9/27
vol129新たなステージ迎えた環境とビジネス 2019/8/30
vol128SDGs(持続可能な開発目標)を知り実践しよう 2019/6/28
vol127できることから温暖化防止 2019/5/27
vol126環境保全型農業の実践 開かれた農業セクターの可能性 2019/4/25
vol125自治体が挑むエネルギー政策 バイオマス発電の取り組み 2019/2/28
vol124山を守る 温暖化防ぐ取り組み 2019/1/30

2018

vol123対策広め、温暖化防止 地域で活躍するサポート活動 2018/12/27
vol122下水から発電 秋里下水処理場バイオマス発電所 稼動から1年 2018/10/30
vol121放置竹林の荒廃・拡大防げ 2018/9/26
vol120エコ活動28年 地域に共感の輪 2018/8/30
vol119雑草が生えない有機米栽培 2018/6/28
vol118循環型社会を目指して 2018/5/29
vol117人と地球に優しいエコな山村暮らし 2018/4/26
vol116住宅用太陽光発電「2019年問題」 買い取り満了 どう扱う!? 2018/2/27
vol115市民、企業、行政代表鼎談 2018/1/29
 
vol.176 脱炭素地域先行モデルに


2024.1.25

 カーボンニュートラル(温室効果ガス実質排出量ゼロ)の実現に向け、地域脱炭素の動きが加速している。鳥取県内では2022年4月に米子市・境港市が、23年4月に鳥取市がそれぞれ環境省の脱炭素先行地域に選定された。地元企業、金融機関、教育機関などと連携し、地域経済の活性化や住民生活の向上などへの相乗効果を見据えた取り組みを進めている。




鳥取市 2エリアで再エネ地産地消
発電設備EV普及 持続可能なまちづくりへ

 鳥取市が進める脱炭素先行地域づくり事業は、とっとり市民電力と山陰合同銀行、公立鳥取環境大の3者との共同提案。若葉台地区と佐治町の二つのモデル地域で再生可能エネルギーの発電設備を導入し、エネルギーの地産地消を展開。2030年度までに民生部門の電力消費に伴う二酸化炭素(CO2)排出実質ゼロを目指す。

 若葉台地区は街が開かれて30年以上がたち、高齢化やインフラの老朽化が課題に。山間部の佐治町はさらに高齢化が著しく、災害耐性の向上や生活交通の維持に課題を抱える。事業では脱炭素実現への取り組みを通じて、地域課題の解決や住民の暮らしの質向上も図る。

9基の風車が稼働する「北条砂丘風力発電所」

若葉台

 若葉台地区では、住宅や民間・公共施設の屋根に発電事業者が無料で太陽光発電設備を設置するPPA(電力販売契約)を導入。住民は屋根からできる電力を直接使うことで割安な料金で使用でき、事業者は住民からの支払いを資金に設備投資やメンテナンスを行う仕組みだ。本年度は50基の設置に向けて動いており、27年度までに既存戸建住宅の約6割にあたる750戸に設置予定。生み出された電力は蓄電池などで需給調整を行い、自家消費率の最大化を図っていく。

 また、サブスクリプション(定額利用)でのEV普及、中古EV(電気自動車)のリース事業も構想。地区内にある環境大は、建物の断熱化と太陽光発電設備の導入でカーボンニュートラルキャンパスを目指す。

「COP28」のパビリオンで発表を行う鳥取県内の学生

佐治町

 佐治町には太陽光発電設備の他に小水力発電を整備予定。物流配送への交換式バッテリー活用を検討中で、住民の“足”となっているデマンド交通車両をEV化する。

 木質バイオマス熱電併給設備の整備は、地区の88%を森林が占める地域の特性を生かした取り組み。地域おこし協力隊による森林保全や熱源を利用した農業なども進め、産業振興や地域活性化につなげる。

 市スマートエネルギータウン推進室によると、2地域を合わせた再エネ供給量は、年間2万6827MWh(メガワットアワー)(一般家庭約5千世帯分)を目指す。大角真一郎室長は「脱炭素の実現とともに地域内資金循環を促進し、持続的なまちづくりを進めたい」としている。

ECO(エコ)ワード解説

【脱炭素先行地域】
  政府目標の2050年に先駆けて、30年度までにカーボンニュートラルに取り組む自治体などの事業提案を国が選定し、財政支援する。複数の自治体で一つの先行地域を構成する例もあり、22年4月を皮切りにこれまで36道府県95市町村の74提案が選定されている。

未来へつなぐ私のチャレンジ 公立鳥取環境大学通信

(1)気候変動とは何か
「日本にとって」という視点が必要
環境学部環境学科4年 横山 椋大

COP28が開かれた現地の様子
 私は昨年、アラブ首長国連邦ドバイで開催された、国連気候変動枠組み条約第28回締約国会議(COP28)に、トットリボーン!使節団の学生リーダーとして参加した。ジャパンパビリオンでの登壇、会議視察、そして各国の方々と気候変動対策や現状にまつわる意見交換などが主な活動であった。

 現地では、「気候変動をどう捉えるか」が脱炭素に向けた活動の前に不可欠だということを痛烈に感じた。気候変動は災害など目に見える変化もある。しかし、目に見えず変化を感じにくい変化もあるため、人々の解釈によるところがある。よって世界規模のこの問題に立ち向かうためには、「日本にとって気候変動とは何か」という視点からこの問題を捉え、そして行動を起こし、仲間を増やしていく必要があると感じた。

 日本にとって気候変動とは何か、それは「日本のアイデンティティー損失の危機」であると私は思う。日本は古来より四季の移り変わりを感じながら、環境と調和した暮らしを築いてきた。最たる例が和食である。

 今後、気候変動により私たちの暮らしに大きな影響がある。例えば、四季の区別が曖昧になり、四季を感じない暮らしへと変わる可能性などだ。四季を感じることがなくなった暮らしが、日本の暮らしと胸を張って言えるのか?  まずは、この大きな問題に対し、日本人にとって気候変動とは何か、各人で考えてみる必要があると私は思う。

わたしたちのちょっとエコアクション

 暮らしの中でエコにつながる行動はさまざま。「何かをしながら」「何かのついでに」できると、気負うことなく続きそうだ。肩肘張らず、手軽に取り組む県民エコ活動を紹介する。

ながらエコ、ついでエコ(2)角田 幸子さん(米子市)
Q あなたのエコ活動は?
A 保温調理でエコクッキング

「手間がかからず、無理なくできることからエコに取り組んでいます」と角田さん
 子どもが生まれたときに「とってもおすすめ」と母が持って来てくれた保温調理器。もう10年以上、みそ汁やスープ、カレーやシチュー、煮込み料理やおかゆなどさまざまな料理で愛用しています。

 調理し沸騰したら、鍋ごと保温容器に移します。余熱で調理でき、コンロを使う時間が短縮。料理が冷めないので、少し早めに作ったり、家族の食べる時間が異なったりした場合でも温め直す必要がありません。

 普段の生活ではなるべく使い捨てを減らす、リサイクルできる素材の物を選ぶなど無理なくできる範囲でのエコを心がけています。


トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)