トップ > 記事
特集一覧

2024

vol179地球と人に優しい暮らし 20240530
vol178脱炭素経営に導く 2024/4/30
vol177とっとりエコ検定 2024/3/31
vol176脱炭素地域先行モデルに 2024/2/28
vol1752050年脱炭素社会実現へ 宣言自治体の取り組み紹介 2024/1/25

2023

vol174学校の取り組み紹介 2023/12/25
vol173とっとりエコ検定 2023/11/28
vol172脱炭素へ 見直される薪の価値森林資源の有効活用 2023/10/30
vol171高断熱、省エネで快適住まい 2023/9/29
vol170脱炭素社会 環境対応車の普及・拡大へ 2023/8/27
vol169とっとりエコ検定 2023/7/26
vol168異常気象に備える 2023/6/25
vol167再エネの主力電源化に向けて 2023/5/28
vol166地域の環境保全 身近にできること 2023/4/26
vol165とっとりエコ検定 2023/3/29
vol164「食品ロス」削減推進 2023/2/25
vol163学校の取り組み紹介 2023/1/27

2022

vol162海洋ごみ 実態把握 2022/12/26
vol161とっとりエコ検定 2022/11/28
vol160進む「食品ロス削減」対策 2022/10/25
vol159エコとファッションの両立 2022/9/28
vol158子どもに住まいの教育を 2022/8/29
vol157とっとりエコ検定 2022/7/29
vol156環境に優しい車社会 2022/6/28
vol155森林や里山の保全、活用 2022/5/28
vol154再エネ普及へ活発化 2022/4/26
vol153とっとりエコ検定 2022/3/27
vol152エコツーリズムの推進 自然観光資源を生かす 2022/2/25
vol151脱炭素社会の実現へ カーボンニュートラルに挑む自治体 2022/1/31

2021

vol150省エネ住宅で快適な暮らし 2021/12/27
vol149暮らしで未来を変える〜エシカル消費のススメ〜 2021/10/26
vol148環境に優しい車の普及へ 2021/9/26
vol147環境配慮型ビジネスへ 2021/8/26
vol146人と環境に優しい農業 2021/6/30
vol145環境に優しい再エネの活用 2021/5/28
vol144循環型社会(4R)の実現へ 2021/4/30
vol143食品ロスをなくそう! 2021/2/25
vol142SDGsの推進 2021/1/31

2020

vol141多様な生態系を守る 2020/12/28
vol140快適な暮らしを実現 2020/10/28
vol139豊かな世界へSDGs実践 2020/9/28
vol138目指すべき未来 Society5.0の社会実現に向けて 2020/8/29
vol137環境守る森林、林業 2020/6/29
vol136自治体が挑む環境問題 2020/5/29
vol135持続可能な社会へ力添え 2020/4/30
vol134電動車で代替エネルギー活用 2020/2/27
vol133エコに通じる食、健康 2020/1/31

2019

vol132ごみの減量化に向けて 2019/12/26
vol131景観守り、地域活性化 2019/10/29
vol130環境ビジネス最前線 先駆的な再エネ活用 2019/9/27
vol129新たなステージ迎えた環境とビジネス 2019/8/30
vol128SDGs(持続可能な開発目標)を知り実践しよう 2019/6/28
vol127できることから温暖化防止 2019/5/27
vol126環境保全型農業の実践 開かれた農業セクターの可能性 2019/4/25
vol125自治体が挑むエネルギー政策 バイオマス発電の取り組み 2019/2/28
vol124山を守る 温暖化防ぐ取り組み 2019/1/30

2018

vol123対策広め、温暖化防止 地域で活躍するサポート活動 2018/12/27
vol122下水から発電 秋里下水処理場バイオマス発電所 稼動から1年 2018/10/30
vol121放置竹林の荒廃・拡大防げ 2018/9/26
vol120エコ活動28年 地域に共感の輪 2018/8/30
vol119雑草が生えない有機米栽培 2018/6/28
vol118循環型社会を目指して 2018/5/29
vol117人と地球に優しいエコな山村暮らし 2018/4/26
vol116住宅用太陽光発電「2019年問題」 買い取り満了 どう扱う!? 2018/2/27
vol115市民、企業、行政代表鼎談 2018/1/29
 
vol.169 とっとりエコ検定


2022.7.29
 

抽選で全問正解者10人にプレゼント 「鳥取県産焼き鳥生串32本セット」


串惣(鳥取市安長)

 新日本海新聞社は「とっとりエコ検定」の全問正解者の中から抽選で10人に、串惣(鳥取市安長)の「鳥取県産焼き鳥生串32本セット」=写真=をプレゼントします。

 大山山麓の大自然の中で、伏流水と独自飼料で育った鳥取県産の鶏肉を100%使用。プライパンなどで調理し、自宅で手軽に焼き鳥が食べられるよう、もも、ねぎま、身皮、砂肝の4種類を一本一本手差しで加工してお届けします。

 応募方法は専用回答用紙に必要事項を記入し、郵送で応募してください。締め切りは8月8日(当日消印有効)で、応募は1人1通です。解答と当選者は、8月下旬掲載の「とりeco最前線」で発表します。



地域を支える環境(エコ)活動

株式会社谷尾樹楽園
(鳥取市杉崎、谷尾寿嗣社長)
安心して遊べる公園整備

自然観察会の様子
 アクセスが便利なまちなかにある「森林公園とっとり出合いの森」(鳥取市桂見)の指定管理を担う。「緑を守る」という使命感の下、そこに生きる昆虫や鳥などと共存共栄できるよう、自然や緑の環境整備に取り組んでいる。

 開園当時に植樹をした「鳥取市女性の森グループ」と一緒に草刈りをするなど、大人から子どもまで安心して遊べる園内整備にも力を注ぐ。

 地元の社会奉仕団体などと連携して各種イベントを開催しており、谷尾社長は「自然観察会、夏の虫採り、木工作り体験などのイベントを通じて自然の大切さ、豊かさを感じていただき、四季折々のまちなかの大自然を満喫してほしい」と呼びかけている。



株式会社あかさきグループワールドワイド
(琴浦町八幡、岡崎博紀社長)
環境に優しい消臭液開発

環境に優しい消臭液製造設備を紹介する岡崎社長
 近年、畜産経営の大規模化、宅地との混住化などにより、悪臭問題が深刻化する中、光合成細菌を利用した環境に優しい消臭液の開発に成功した。

 焼酎の製造段階で発生する廃液を光合成細菌によって分解・代謝させることで生じる液体。農薬や過剰肥料による汚染土壌を回復・蘇生させる“救世主”として期待される。

 月別の生産量は、開発に成功した3年前の約50倍、約50トンに増産。今後は堆肥工場や畜産農家などにも利用をお願いする予定。岡崎社長は「目標は低コストで高成果のあるものを生産して、産業の活性化を促していきたい」と話している。



トップページ ローカルニュース連載・特集コラム論壇イベント案内日本海クラブサイトマップ
 
当サイトの著作権について

 本ページ内に掲載の記事・写真など一切の無断転載を禁じます。すべての記事・写真の著作権は新日本海新聞社に帰属します。
 ネットワーク上の著作権について(日本新聞協会)